風俗業界には意外と良い女がいっぱい!

今、風俗求人に応募する女性が増えています。しかし高級店で採用されるのは難しいです。採用されるために容姿レベル以外に必要なこととは? - 現代女性と風俗との関わり

風俗嬢

アーカイブ

カテゴリー

現代女性と風俗との関わり

風俗嬢といえば、病気を持っていそうだとか、普通の仕事ができないダメ人間なんてネガティブなイメージを持っている方が多くいらっしゃいます。
しかしながら、風俗で働く女性は、今や30万人とも言われており、女性人口で換算すると、20人に1人の割合で風俗求人の恩恵に預かっている時代なのです。
ここでは現代日本の風俗事情について紹介していきます。

20人に1人での過小報告

現在、日本には、1万店以上とも言われている風俗店が存在しています。
各店舗のキャスト総数が、大体30人前後。
その内、シフトなどを組んで、常時12人前後のキャストで回していくというのが一般的です。
こういったことを考えると、営業許可を受けている風俗店だけでも、約30万人の女性が風俗嬢であるという計算が成り立ちます。
これがどういうことだか分かるでしょうか。
個人的な援助交際を行っていたり、出会い系サイトなどを使った割り切り個人営業。
更には、営業許可などを出していない援デリ業者などを含めると、身体をウリにして商売をした経験のある女性というのは、したことがないという女性とさほど変わらない状況なのです。

現代の風俗店は徹底管理されている

こういったことから、正当な許可を受けている性風俗店は、非常に安心出来るサービスを提供しているといえます。
個人で行っている場合には、それこそどれだけの期間にどれだけの相手とどのようなプレイをしているのか検討もつきません。
現代では、安さよりも質や安全性を重視しているお店が多いですから、営業許可を受けている性風俗店を利用するのが、安心して遊ぶことが出来る唯一の場といっても過言ではないのです。
こういった現実をしっかりと覚えておきましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »